残価設定ローンの注意点

| 未分類 |

残価設定ローンを利用する場合、その特徴を十分に理解する必要があります。
このローンでは購入代金から3~5年後に下取りする価格を引いた残金をローンで支払うため、月々の支払いが低くなります。そのため、頭金が少なくて済み、ワンランク上の車も利用しやすくなるというメリットがあります。また、期限終了時にも「買い替え」「返却」「買取」を選ぶことができます。
                                                                            

このように便利なローンですが、デメリットもあります。
通常のローンよりも金利が高く、残価にも金利がかかるため、期限終了後に買取る場合には通常のローンよりも総額が高くなります。期限終了後に買い替え、返却を行う場合、車に手を加えていた場合には元に戻さなければならず、車に手を入れたい人には向いていません。傷が酷かったり、事故歴・修理歴・走行距離が規定距離をオーバーしている場合、該当車種の人気が想定を下回った場合などには買取査定額が引き下げられ、差額の支払いが必要になる場合があります。
af9920062435l                                                                        

残価設定ローンを利用できる車種は増えていますが、メーカーによっては利用したい車種に適用されないケースもあります。また、メーカーによっては購入した店舗でなければ買い替え、返却を受け付けないケースがあり、転勤が多い場合に利用しにくいです。