残価設定ローンは本当にお得か

| 未分類 |

残価設定ローンとは、車の購入代金から3~5年後の下取りを想定し、その価格を購入代金から差し引いた残高についてローンで支払う方式です。購入代金が低くなるため、毎月の支払いが少なくなる特徴がありますが、本当に得と言えるかは期限が来たときにどうするかによって異なります。
期限が来たときの対応としては、「新しい車に乗り換える」「車を返却する」「車を買い取る」も3つがあります。 
                                                                           

車を購入してから3~5年も経過していると興味のある新しい車が発売されていることも少なくありません。このようなときに、ローンを組んだメーカーで買い替えを行うと残価を支払う必要がありません。
車を購入してから生活環境が変化し、車が不要になることもあります。この場合も、その車を手放してしまえば残価を支払う必要がありません。
                                                                          

その車が気に入り、利用を継続したい場合には得とは言い切れない状況が発生します。このローンでは通常のローンよりも金利が高く設定され、残価にも金利がかかります。そのため、期限終了後に買取を行う場合、通常のローンと比べると月々の支払いは少ないですが、総額では高くなってしまいます。
このような特徴があり、3~5年で車を乗り換えたり、返却することを前提としている場合に向いているローンですが、買取を考えている場合には適していません。