自動車を購入する場面では、主に新車を対象として残価設定ローンというものが用意されています。一般的なローンの場合では、自動車の価格に対して均等払いをすることが行われていて、例えば300万円の自動車ならば、5年間で支払うことを想定した場合では、月に5万円の支払いが必要とされています。
                                                                              

その一方で残価設定ローンを利用した場合では、5年後の想定下取り価格が差し引かれることになり、300万円の新車が5年後に100万円の価値を持っているとした場合では、残りの200万円を均等払いする方法になり、その結果として月々の支払額を少なくすることができます。ただし、5年後に関しては自動車を手放す場合では、残高を一括して支払うことが必要とされているのですが、その一方で再び新車に乗り換えを行うことを希望している方の場合では、残高の支払い義務が無くなることになります。
                                                                         

残価設定ローンを活用することに向いている人の場合では、比較的自動車を大切に乗り続けることのできる方になり、当初に設定されている下取り額が変動しないことが前提とされています。この場合では次回に乗る自動車を高級車に設定することも十分に可能になり、お得にローンを活用できる仕組みになっています。