車を購入する際でローンを組む場合、その借入先には、銀行や信販会社が取り扱う目的ローンの一種であるオートローンや消費者金融はじめ金融機関各社が取り扱う使い道自由のキャッシングローンが代表的です。
そのほかには車を購入する販売店が取り扱うディーラーローンがあります。
ただしこの場合、いくつかの形態に分かれます。
般的には販売店が借り手となりますが、新車ディーラーではメーカの系列会社が借り手となる場合もあるのです。  
                                                                                

あるいは、ディーラーが取り扱うローンとは名ばかりで、提携金融機関先に斡旋するだけのものも少なくありません。
この場合にも一般的なローンに斡旋するものと、金融機関で特別にそのディーラーとタイアップしての特別なローンに分かれます。
大抵の場合信販会社か消費者金融とのタイアップが多いです。
審査基準は、斡旋ローンの場合には斡旋提携先の消費者金融または信販会社のそれぞれの審査規定と変わりません。
もしも斡旋するローンがフリーローンならそれと同等ですし、オートローンならそれと同じということです。
一方、ディーラーまたはメーカ直のローンの場合の審査基準は銀行のオートローンにかなり類似しています。
                                                                             

内容は年収のほか、正規か期間かなどの雇用形態、勤続年数、それに他の金融機関での借り入れ残がないかなどです。
一般的に100万円を超えるローンを組む場合には、正社員、勤続1年超、住宅ローンを除く総量規制枠内の借入残が最低条件となります。
とはいえ、メーカ直やメーカ系ディーラーはまだしも、特に中古車販売店単独の場合には、必ずしも低利とは限りません。
したがって契約前に金利を他金融機関と比較することが肝要です。