車を購入する場合、多くの場合が一括ではなくカーローンを利用します。いくつかあるカーローンの1つがディーラーローンであり、次の特徴があります。
                                                                               

メリットとして、ディーラーローンはディーラーが提携している会社のローンを組むものであるため、信販会社やクレジット会社のローンを組むのと実質的には同じですが、手続きが簡単になります。ディーラーが契約を行うため、自分では必要最小限の項目に記入するだけになり、面倒な書類手続きが不要です。また、セールスマンが車を売るために仲介に入るため、個人でローンを組むよりも審査に通りやすくなります。ディーラーが提携する会社と契約するという安心感もあり、利用する人が多いです。
af9920062359l                                                                      

デメリットとしては、自分で銀行などからローンを組むよりも金利が高めに設定されていることが多いです。セールスマンがディーラーローンを勧める理由として、提携会社からのバックマージンを受けているということがあり、その分が金利に上乗せされています。金利以外にも手数料などがかかることがあり、費用が掛かります。車を購入すると納車はすぐに行われますが、ローンを完済するまでの間は車の所有権がディーラーや提携会社にあることにも注意が必要です。