» 未分類のブログ記事

自動車を購入する場面では、主に新車を対象として残価設定ローンというものが用意されています。一般的なローンの場合では、自動車の価格に対して均等払いをすることが行われていて、例えば300万円の自動車ならば、5年間で支払うことを想定した場合では、月に5万円の支払いが必要とされています。
                                                                              

その一方で残価設定ローンを利用した場合では、5年後の想定下取り価格が差し引かれることになり、300万円の新車が5年後に100万円の価値を持っているとした場合では、残りの200万円を均等払いする方法になり、その結果として月々の支払額を少なくすることができます。ただし、5年後に関しては自動車を手放す場合では、残高を一括して支払うことが必要とされているのですが、その一方で再び新車に乗り換えを行うことを希望している方の場合では、残高の支払い義務が無くなることになります。
                                                                         

残価設定ローンを活用することに向いている人の場合では、比較的自動車を大切に乗り続けることのできる方になり、当初に設定されている下取り額が変動しないことが前提とされています。この場合では次回に乗る自動車を高級車に設定することも十分に可能になり、お得にローンを活用できる仕組みになっています。

残価設定ローンの注意点

| 未分類 |

残価設定ローンを利用する場合、その特徴を十分に理解する必要があります。
このローンでは購入代金から3~5年後に下取りする価格を引いた残金をローンで支払うため、月々の支払いが低くなります。そのため、頭金が少なくて済み、ワンランク上の車も利用しやすくなるというメリットがあります。また、期限終了時にも「買い替え」「返却」「買取」を選ぶことができます。
                                                                            

このように便利なローンですが、デメリットもあります。
通常のローンよりも金利が高く、残価にも金利がかかるため、期限終了後に買取る場合には通常のローンよりも総額が高くなります。期限終了後に買い替え、返却を行う場合、車に手を加えていた場合には元に戻さなければならず、車に手を入れたい人には向いていません。傷が酷かったり、事故歴・修理歴・走行距離が規定距離をオーバーしている場合、該当車種の人気が想定を下回った場合などには買取査定額が引き下げられ、差額の支払いが必要になる場合があります。
af9920062435l                                                                        

残価設定ローンを利用できる車種は増えていますが、メーカーによっては利用したい車種に適用されないケースもあります。また、メーカーによっては購入した店舗でなければ買い替え、返却を受け付けないケースがあり、転勤が多い場合に利用しにくいです。

残価設定ローンは本当にお得か

| 未分類 |

残価設定ローンとは、車の購入代金から3~5年後の下取りを想定し、その価格を購入代金から差し引いた残高についてローンで支払う方式です。購入代金が低くなるため、毎月の支払いが少なくなる特徴がありますが、本当に得と言えるかは期限が来たときにどうするかによって異なります。
期限が来たときの対応としては、「新しい車に乗り換える」「車を返却する」「車を買い取る」も3つがあります。 
                                                                           

車を購入してから3~5年も経過していると興味のある新しい車が発売されていることも少なくありません。このようなときに、ローンを組んだメーカーで買い替えを行うと残価を支払う必要がありません。
車を購入してから生活環境が変化し、車が不要になることもあります。この場合も、その車を手放してしまえば残価を支払う必要がありません。
                                                                          

その車が気に入り、利用を継続したい場合には得とは言い切れない状況が発生します。このローンでは通常のローンよりも金利が高く設定され、残価にも金利がかかります。そのため、期限終了後に買取を行う場合、通常のローンと比べると月々の支払いは少ないですが、総額では高くなってしまいます。
このような特徴があり、3~5年で車を乗り換えたり、返却することを前提としている場合に向いているローンですが、買取を考えている場合には適していません。

マイカーローンの審査での注意点

| 未分類 |

昨今はローンを組まないと新車の自動車も中々購入することはできません。
そういった意味では自動車ローンはかなり身近な存在となったと言えるでしょう。
しかし、自動車ローンを組む時はいくつかの点も注意しなければいけません。
やはり、自動車ローンのネックは審査です。
基本的には収入証明書や見積書、オートローン申込書の書類を考慮して本番にもっていくかどうか決めていきます。
                                                                            

これがどうして注意しなければならないかというと、その本人の収入と購入対象の自動車が釣り合っていないこともあるからです。
例えば自己資金ゼロで自動車が四百万円、それで年収が二百万くらいだとするとその新車を購入するのは少し難しいと言えるかもしれません。
そういった方は、本番でマイカーローンを借りれるかどうかの判断基準を満たしているかどうかさえ確認してもらえないのです。
                                        af9920070402w                                     

ですので、仮にマイカーローンを組むとしても自分の年収と自己資金に見合った新車しか購入することができないというのはしっかりと理解しておくべきでしょう。
このように、マイカーローンを組む時は、まずはその購入対象の新車と自分の年収が釣り合っているかどうか決めるか、あるいはもう少し貯金を貯めるなどして考えてみましょう。

車を購入する際に現金で支払うことが出来ない場合に、ローンを利用して購入する方法があり、車を購入するために利用出来るローンには、大きく分けて銀行のマイカーローンとディーラーローンの2つがあります。
                                                                                    

マイカーローンのメリットとして挙げられるのが、ディーラーローンに比べて金利が低めに設定されているという点です。金利は多少の違いでも、借入額が大きく返済期間が長くなればなるほど返済額に差が出るようになるため、低い方が有利に借り入れすることが出来ます。マイカーローンを利用する銀行での取引状況に応じてさらに優遇された金利で借り入れが出来る場合もりあります。また、忙しい方はインターネットで申し込みが出来るマイカーローンを利用すると便利です。
                                                                              

マイカーローンのデメリットとしては、ディーラーローンよりもお得に借り入れが出来る分、審査が厳しくなっているという点や、ディーラーローンのように、車の購入とローンの申し込みが1箇所で済ませることが出来ないという点もデメリットとなっています。
車をローンで購入する場合にはこれらの点をよく理解し、自分にとってどちらのローンを利用した方が良いかをよく考えた上で利用する必要があります。

現代社会において車は日常生活に欠かせない乗り物として人々に活用されています。
各自動車メーカーはシーズン毎に新モデルを発表しますが、新モデルを購入する際にはほとんどの人々は車を購入する為の資金が必要になってきます。
車の購入資金を確保する方法としては、毎月の給料の一部を車購入の資金に貯めておく方法、車を中古販売店に買取や下取りに出す方法、銀行や消費者金融会社などが取り扱っているマイカーローンを利用する方法などがあります。
                                         af9920061937m                                          

マイカーローンを使う際には銀行がサービスを展開している銀行ローンの審査条件を確認することが大切です。
住宅ローンよりは緩やかですが、融資総額がそれなりに高額で長期間の返済になるので、本人確認書類の他に、収入を証明する源泉徴収票などを提出する必要があり、勤務先が安定した経営であるか、雇用形態は安定しているかどうか、勤務年数はどのくらい経ったかなどが審査に影響を与えてきます。
                                                                                                                    

その為、審査基準は金融機関が定めた一定収入以上で満20歳以上の返済能力のある人々となっています。
消費者にとって自動車ローンの利用は自動車を購入する上で便利な仕組みであり、審査基準に達しているのであれば、積極的に活用しておくと良いでしょう。

ディーラーローンとは、自動車メーカー販売店が設定している自動車ローンのことで、新車購入の際に同時にローンを組むことができ、ディーラーのローンということで比較的審査にも通りやすく、必要な書類も少なくて済むという利点もあります。また、高校を卒業してすぐに車を持ちたい未成年であっても、保護者が保証人となればローンを組めるようになっています。そして、面倒な手続きなどは、全てディーラーで行ってくれるので、便利かつ利用する人が多いです。
                                                                                

購入する側としては、同時にローンも組めてしまえば便利だと感じますが、ただディーラーローンは銀行の車ローンと比べると利率が高めに設定されています。それは、ディーラー提携の信販会社自動車ローンを利用することで、契約が結ばれると信販会社から紹介手数料として支払われる仕組みになっています。こうしたことから、別途手数料や保証料なども上乗せされる場合もあり、車体価格+消費税+金利+(手数料・保証料)となり、返済額が増えてしまうこともあります。また、ローンが完済されるまでは、その車の所有権は本人ではなくディーラー側に留保されてしまいます。
                                                                              

ディーラーローンは返済期間などで変わりますが、平均4~10%ほどの利率で、銀行の車ローンはこちらも銀行によって多少の差はありますが、平均2~6%とディーラーローンと比べると利率は低く設定されています。どちらのローンが合っているが、収入に見合った借入であるかをしっかり見極めることが、完済するための一番の方法です。

車を購入する場合、多くの場合が一括ではなくカーローンを利用します。いくつかあるカーローンの1つがディーラーローンであり、次の特徴があります。
                                                                               

メリットとして、ディーラーローンはディーラーが提携している会社のローンを組むものであるため、信販会社やクレジット会社のローンを組むのと実質的には同じですが、手続きが簡単になります。ディーラーが契約を行うため、自分では必要最小限の項目に記入するだけになり、面倒な書類手続きが不要です。また、セールスマンが車を売るために仲介に入るため、個人でローンを組むよりも審査に通りやすくなります。ディーラーが提携する会社と契約するという安心感もあり、利用する人が多いです。
af9920062359l                                                                      

デメリットとしては、自分で銀行などからローンを組むよりも金利が高めに設定されていることが多いです。セールスマンがディーラーローンを勧める理由として、提携会社からのバックマージンを受けているということがあり、その分が金利に上乗せされています。金利以外にも手数料などがかかることがあり、費用が掛かります。車を購入すると納車はすぐに行われますが、ローンを完済するまでの間は車の所有権がディーラーや提携会社にあることにも注意が必要です。

車を購入する際でローンを組む場合、その借入先には、銀行や信販会社が取り扱う目的ローンの一種であるオートローンや消費者金融はじめ金融機関各社が取り扱う使い道自由のキャッシングローンが代表的です。
そのほかには車を購入する販売店が取り扱うディーラーローンがあります。
ただしこの場合、いくつかの形態に分かれます。
般的には販売店が借り手となりますが、新車ディーラーではメーカの系列会社が借り手となる場合もあるのです。  
                                                                                

あるいは、ディーラーが取り扱うローンとは名ばかりで、提携金融機関先に斡旋するだけのものも少なくありません。
この場合にも一般的なローンに斡旋するものと、金融機関で特別にそのディーラーとタイアップしての特別なローンに分かれます。
大抵の場合信販会社か消費者金融とのタイアップが多いです。
審査基準は、斡旋ローンの場合には斡旋提携先の消費者金融または信販会社のそれぞれの審査規定と変わりません。
もしも斡旋するローンがフリーローンならそれと同等ですし、オートローンならそれと同じということです。
一方、ディーラーまたはメーカ直のローンの場合の審査基準は銀行のオートローンにかなり類似しています。
                                                                             

内容は年収のほか、正規か期間かなどの雇用形態、勤続年数、それに他の金融機関での借り入れ残がないかなどです。
一般的に100万円を超えるローンを組む場合には、正社員、勤続1年超、住宅ローンを除く総量規制枠内の借入残が最低条件となります。
とはいえ、メーカ直やメーカ系ディーラーはまだしも、特に中古車販売店単独の場合には、必ずしも低利とは限りません。
したがって契約前に金利を他金融機関と比較することが肝要です。