車購入の際現金で購入するかローンを組むのかという2通りの選択肢があります。組む場合はディーラーの提携している会社に申し込むか個人的に借りるのかの選択になります。通常は提携している会社で申し込むのが普通で、審査に通れば契約ということになります。審査に関してはかなり緩くよっぽど支払い能力に問題がなければ審査には通ります。

                                                                              
大事なのは支払い期間などで金利が変わってくるということです。これはディーラーによって違うので、同じ型のものを購入するのであれば安い金利の方で契約したほうが総支払い額は減ります。またディーラーではなくて銀行などの金融機関で組んだほうが金利が低めの場合が多いです。借りやすくても金利が高くなってしまうと総支払い額が大きくなってしまって、お得感がなくなってしまうので注意が必要です。 
                                        af9920061966l                                                                                  

また購入しやすくするために、下取り価格を引いた残価設定ローンというものもあります。この場合は価格の半分を支払っていく場合が多く高いものでも購入しやすくなっています。使い方や家族構成などいろいろな要素で変わってくるので、いくつかのパターンで計画をたてて最もお得なもので契約をすることが大事になってきます。